富津市の一軒家・住宅・空き家の解体はお任せください【千葉建物解体センター】

2022年の台風は例年より少ない可能性が高いという予想が発表されました!

世界最大の民間気象情報会社「株式会社ウェザーニューズ」が今年の台風傾向を発表しました。
発表によれば、今年は太平洋高気圧が平年よりも北への張り出しを強める影響から、7・8月に発生する台風は沖縄から中国大陸、朝鮮半島へと向かうことが多くなる見込みとのことです。

台風の発生数は平年よりやや少ない23個前後で、9月以降に発生するものは偏西風の南下により、本州へ接近または上陸する進路を取るケースが多いようです。
つまり、9月の本格的な台風シーズンの到来を前に、予め台風対策をしておくことが重要であるといえます。大小はあれど、台風の被害は毎年富津市内でも多く見受けられますので、早い段階からの準備が必要です。また、台風だけではなく近年は夏のゲリラ豪雨などの被害も増えていますので、要注意です。

今から始める台風対策

台風対策には、様々なものがあります。
その一例をご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

排水溝などの清掃

ゴミや落ち葉が溜まった排水溝は、雨で詰まってしまう可能性大!小まめに清掃を

非常用具・非常食の確認

停電やガスなどのライフラインの被害に備えて準備をしておきましょう

水の確保

断水に備えて、飲料水の確保・浴槽に水を溜めておくなど

避難場所の確認

避難場所として指定されている施設などへの避難経路を確認しておくと良いでしょう

窓や雨戸の確認

雨や風で破損する危険性はないか、機能が落ちていないかなどの確認も重要です

倒壊の恐れのあるものは撤去

災害時に思わぬ怪我やトラブルを招く可能性もありますので、早めの撤去を!

今すぐできそうな簡単なものから、日頃から対策するのは少し難しいものまでご紹介しました。
特に、家の機能や設備に関するものは簡単に対策できるものはないかもしれません。
しかしながら、もしもの時には大きな被害や事故を招かざるを得ない状況を引き起こしてしまうかもしれません。台風シーズンに入るその前に、もう一度大切なお住まいや敷地内の建物・設備を見直してみませんか?

壊れた雨戸、使っていない倉庫などをそのままにしていませんか?

上記のように、台風の際に一番怖いのは必要な設備が使えなくなること・設備や建物が倒壊し、それによって二次災害が起こることです。
例えば、崩れかけていたブロック塀が風や雨で完全に崩壊してしまったらどうでしょう?
歩道に面していたり、道路に面していれば、お住まいの方だけではなくご近所の方や歩行者・通行していた車などに被害が及んでしまいます。
また、元々破損していたビニールハウスが風で吹き飛ばされてしまうケースや、使っていなかったガレージが倒壊してしまったケースなどもあります。
まずはお住まいやその周りが、災害時にどのような状況になるか予想してみることが大切です。

富津市の空き家・ガレージ・倉庫の解体ならお任せください

富津市で、空き家の解体・使っていないガレージや倉庫の解体をご希望でしたら、千葉建物解体センターにお任せください!千葉建物解体センターでは木造住宅から軽量鉄骨造アパート・鉄筋コンクリート住宅まで、富津市内での解体実績が多数ございます。

中間マージン、不要な宣伝広告費を排除、自社責任施工でお客様の負担となる費用をできるだけ削減することで、他社には出来ない価格パフォーマンスを実現しております。
まずはお気軽にご相談ください!

また、壊れた雨戸の解体やウッドデッキの撤去、門やコンクリートブロックの取り壊しなどのちょこっと解体も好評承り中です。
トイレやキッチン、お風呂などの水回りだけの解体や、目隠しフェンスの解体にも対応いたします。
住宅の一部分だけ、敷地内の物置だけの解体も大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ
フリーダイヤル
0120-608647
代表電話:0438-38-4713(通話料がかかります)

お問い合わせ受付時間 8:00~18:00
定休日(日曜日)

住宅解体を探しています!空き家を解体するメリット

千葉建物解体センター

「木更津本店」
〒292-0021 千葉県木更津市有吉2085

PAGE TOP