袖ケ浦市の一軒家・住宅・空き家の解体はお任せください【千葉建物解体センター】

袖ヶ浦に住む方に聞いた『袖ヶ浦ってこんな街』

東京ドイツ村

言わずと知れた袖ヶ浦市の顔とも言えるテーマパークです。
東京でもなければドイツでもない!千葉にあるのに東京ドイツ村です。
東京ドーム19個分にもなる広大な敷地に、観覧車などのアトラクションや四季折々の花なども楽しめる娯楽施設である東京ドイツ村は、観光地としてだけでなく都心からも近いことからテレビ番組のロケ地としても大変人気の場所です。
市民の憩いの場としても非常に親しまれ、地元の団らんスポットとしてとても人気があります。

袖ヶ浦のご当地ラーメン ホワイトガウラーメン

県内有数の酪農地である袖ヶ浦の特産品を活かしたご当地グルメ。
純白の牛乳スープが特長のホワイトガウラーメンは、クリームチーズのまろやかなコクが美味しさの秘訣です。
袖ヶ浦のマスコットキャラクター「ガウラ」から名付けられた真っ白スープのホワイトガウラーメンは珍しいとSNSでも大人気!
食べれば食べるほどクセになる味に、何度も足繁く通う固定ファンも多いのだとか。

海と暮らす街

袖ヶ浦市は、千葉県内でも有数のオーシャンビュースポットを有し、袖ヶ浦海浜公園へと続く東京湾沿いの道はまっすぐ伸びた道と沿道沿いに生い茂るヤシの木の景色がアメリカのカリフォルニアによく似ていることから「千葉フォルニア」として、特にSNS世代には絶大な人気を誇ります。市民にとって、袖ヶ浦=海と言っても過言ではないほど、生活に密着した存在であり、切っても切り離せない非常に重要な市の顔でもあると言えます。
袖ヶ浦では海を愛する市民がほとんどで、海と共に生きていきたいと都内や近隣の県からの移住者も多く存在します。

切っても切れない関係、海と塩害

塩害、という言葉を耳にしたことはありますか?
海の近くに住む人にとっては、耳慣れた言葉ですよね。
塩害とは、海沿いの地域で被害が多くみられる「海水に含まれる塩分による害の名称」です。
例えばお住まいの建物、車庫や倉庫なども塩分の被害によって、腐食が進んでしまうことがあります。

特に海沿いの地域での被害は深刻で、対策をしなければ通常の建物の寿命よりも何倍ものスピードで劣化が進んでしまいます。海に近い地域の建物には、塩害対応の資材で建築することがポピュラーになってきましたが、築後10年もすればやはり劣化は避けられません。

『塩害』で腐食してしまった建物についてお悩みではありませんか?

腐食が進んでしまった蔵を取り壊したい、車庫を作り直したいなどのご希望をお持ちでしょうか。
千葉建物解体センターでは、ちょこっと解体としてお住まいの一部分だけなどの解体も承っております。
腐ってしまって洗濯物が干せなくなってしまったベランダや、崩れ落ちるのが心配な石塀、トイレやお風呂だけの解体も大歓迎です。
もちろん、空き家や木造住宅などの一軒家の解体もOK!
解体をご希望でしたら、まずはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはお電話のお問い合わせの他、便利なLINEやメールでのお見積りにも対応いたしております。
お忙しい方にもお時間を選ばずご利用いただけますので大変ご好評いただいております。
是非、ご活用ください!

お電話でのお問い合わせ
フリーダイヤル
0120-608647
代表電話:0438-38-4713(通話料がかかります)

お問い合わせ受付時間 8:00~18:00
定休日(日曜日)

住宅解体を探しています!空き家を解体するメリット

千葉建物解体センター

「木更津本店」
〒292-0021 千葉県木更津市有吉2085

PAGE TOP